検索

 
平成24年第4回定例会2012.12.1010/20 13:11
【質問】(地域経済と産業の活性化について) 8番、藤田公正です。通告に従いまして、地域経済と産業の活性化について、3点質問を行います。  平成24年も、残すところあとわずかとなりました。少し長くなりますが、今後の参考として、この1年を...
平成24年第4回定例会2012.12.1010/20 12:41
【再質問】 (地域経済と産業の活性化について) 産業振興基本条例につきましては、農業、中小企業の活性化に必要性を御理解いただいておるようですし、パブリックコメントの段階にあるとお聞きしましたけれども、既に案は立案できておるんでしょうか...
平成24年第3回定例会2012.09.1108/10 09:51
【質問】(まちづくりと企業誘致について) 8番、藤田公正です。通告に従いまして、まちづくりと企業誘致について質問を行います。  今年度の施政方針では、「田園都市みとよ」の創造ということで、基本コンセプトとして、豊かな自然環境に恵まれ、...
平成24年第3回定例会2012.09.1108/10 09:47
【再質問】 どうもありがとうございます。  専門家による政策アドバイザーを決めて、これから本格的に動くようでございますし、企業誘致に関しましては、地域に活力と雇用ということで、目標を持って進めておられるということと、議会と一緒に情報を...
平成24年第2回定例会2012.06.1404/16 21:56
【質問】(観光振興施策について) 8番、藤田公正です。通告に従いまして、観光振興施策について質問を行います。  一昨年12月議会で、農業と地域経済について一般質問を行いました。このとき、日本経済の実態として、国土の均衡ある発展を目的...
平成24年第2回定例会2012.06.1404/16 21:45
【質問】(瀬戸内国際芸術祭2013について) 次に、瀬戸内国際芸術祭2013についてお伺いします。  一昨年、高松市周辺の島嶼部を中心に瀬戸内国際芸術祭2010が開催され、期間中、88のプログラムで瀬戸内海の魅力的な存在を世界に発信...
平成24年第1回定例会2012.03.0901/13 22:55
【質問】(2030年の看取り場所問題について)  8番 藤田公正、通告に従いまして2030年の看取り場所問題について質問を行います。  厚生労働省の発表では、2010年の死亡者数は119万7,012人。このうち病院での死亡者数が96万...
平成24年第1回定例会2012.03.09その201/13 22:39
【再質問】 どうもありがとうございました。  いずれにしても、国としては包括ケアセンターの推進を行っていくようには思いますけども、この問題はここにおいでる方皆さんの問題なのです。2030年の問題ではないのです。それをよく知っていただい...
平成23年第4回定例会2011.12.0712/30 09:48
【質問】(定住促進事業について) 8番、藤田公正です。通告に従いまして、定住促進事業について質問を行います。  2011年も残すところあとわずかな日となりましたが、この1年を振り返ってみますと、リーマンショックから2年、デフレから脱却...
平成23年第3回定例会2011.09.0812/27 21:44
【質問】(三豊市の情報化政策について) おはようございます。8番、藤田公正でございます。通告に従いまして、三豊市の情報化政策についてお伺いいたします。  一口で情報化と言いましても、情報の生産、処理、蓄積、流通、供給のような情報技術が...
平成23年第2回定例会2011.06.2011/25 18:15
【質問】(知名度向上とインフラ整備について) 8番 藤田公正。通告に従いまして、知名度向上とインフラ整備について、お伺いします。本年の目玉として、知名度向上の取組は三豊市の歴史文化の実相や発掘など、いろいろな施策を打ち出すとともに、定...
平成23年第1回定例会2011.03.10代表質問10/28 11:35
【七宝会代表質問】 (定住促進プラントと地域経済の活性化について) 8番、藤田公正です。 通告に従いまして、引き続き代表質問を行います。  前回、私の12月の一般質問で、農業と地域経済についてお伺いしました。その内容は、戦後の日本経済...
平成22年第4回定例会2010.12.0710/23 14:46
【質問】(農業と地域経済について) 8番、藤田公正です。通告に従いまして、農業と地域経済についてお伺いします。  日本経済は、1962年に全国総合開発計画が策定され、国土の均衡ある発展を目的に閣議決定され、全総として、新幹線交通ネット...
平成22年第4回定例会2010.12.07-210/23 14:42
【再質問】(産業振興基本条例について) 実は、農業を含めた産業振興基本方針はありますかとお尋ねしたのは、最近、帯広市や吹田市、それから墨田区の中小企業振興条例が注目されておりまして、地域経済のあり方といいますか、地域経済の循環が重要で...
平成22年第3回定例会2010.09.1010/14 15:34
【質問】 (新規就農者とその対応について) 8番、藤田公正です。通告に従いまして、新規就農者の状況とその対応についてお伺いします。  先月、昨年2009年に新たに農業を始めた新規就農者が前年より11.4%多い6万6,820人と大幅な増...
平成22年第2回定例会2010.06.1810/03 16:49
【質問】 (集落道の補修並びに整備について) 8番藤田公正です。集落道の補修並びに整備についてお伺いします。  三豊市合併以前に各町においては、昭和40年代後半から数戸から十数戸単位で住宅団地の分譲が、不動産業者及び建築業者によって進...
平成22年第1回定例会2010.03.1109/28 08:20
【質問1】(農地の遊休地対策について) 8番 藤田公正、通告に従いまして、私からは、農地の遊休地対策について及び地域医療の取り組みについて、2点お尋ねします。  1点目の農地の遊休地対策についてですが、昨年、農水省によると、我が国の耕...
平成22年第1回定例会2010.03.11その209/28 08:14
【質問2】(地域医療の取り組みについて)  次に、施政方針で、「人々が支えあい、健康でいきいきと暮らせるまち」を目指し、子育て支援の一環として乳幼児医療費の無料化を拡充し、10月ごろをめどに中学校卒業までの医療費を無料化したいとあり...
平成21年第3回定例会2009.09.0409/22 21:29
【質問】(市内の水道事業の状況について) 市内の水道施設の状況について、通告に従いましてお尋ねします。  今日、少子高齢化により総人口の減少傾向にあり、給水人口も将来において減少し続け、その上、本県においては、地球温暖化の影響を受けて...
平成19年第3回定例会2007.09.1109/11 21:30
【質問】 (オストメイトへの取り組みについて) 通告に従いまして、質問を行います。今日最後ですが、議長からは時間の方は心配ないんかということで、お尋ねがありましたが、今日の質問は、皆さんに言葉を知っていただくだけで初期の目的は大部分達...
平成21年第2回定例会2009.06.1209/09 20:36
【質問】 (バイオマスタウン構想について) 1番、藤田公正です。通告に従いまして、バイオマスタウン構想についてお伺いいたします。  私は総務常任委員会に所属し、しかも、まちづくり調査特別委員会の副委員長という立場でいながら、あえて本市...
平成20年第4回定例会2008.12.0809/03 05:52
【質問】 (高瀬川水系の排水対策について)  通告に従い、高瀬川水系の排水対策と瀬戸内国際芸術祭の開催についての二点についてお尋ねします。  まず、高瀬川水系の排水対策についてでございますが、宗吉瓦窯からかわらを運び出したり、西行法師...
平成20年第3回定例会2008.09.1008/25 17:47
【質 問】 (次世代育成支援行動計画の見直しについて)  通告に従いまして、本市の次世代育成支援行動計画の見直しについて、質問を行います。  昨年12月、少子化対策について質問を行いました。その内容を少し整理しますと、我が国の出生...
平成20年第3回定例会2008.09.10(再質問)08/25 17:30
【再質問】 20年、30年後のことで、人口の減少がどのようなことになるのか、実感していないのが実情であると思います。世界でも、今後人口が減少するのはドイツと日本だけですから、したがって、人口減少の経験がある国はないことから、その対策の...
平成20年第2回定例会2008.06.12(質問Ⅰ)08/19 20:48
【質問1】(かがわ電子自治体システムの運用について)  通告に従いまして、まず、電子政府の構築について、三豊市のこれからの取り組みをお尋ねします。  先月の日経新聞で電子政府の構築について特集しており、政府は2000年7月にIT戦略会...
平成20年第2回定例会2008.06.12(質問2)08/19 20:13
【質問2】(地域包括支援センターの現状について)  次に、地域包括支援センターの現状についてお尋ねします。  平成12年4月から開始した介護保険制度は、そもそも昭和36年7月に施行された老人福祉法の財政破綻から、医療分野を切り離して昭...
平成19年第4回定例会2007.12.07(再質問)08/16 16:29
【再質問】(少子化対策について) 三豊市の現状といいますか、取り組みにつきましては、出産後の新生児とか乳幼児、未就学期から小学生や中学生における施策等を取り組んでおりますが、これは子どもを育てる環境づくりも、今後重要でございますけども...
平成19年第4回定例会2007.12.0708/16 16:17
【質問】(少子化対策について) 合わせて資料をご覧ください  通告に従いまして、少子化対策について質問を行います。  我が国の出生率の低下は1920年代から始まっており、戦後のベビーブームで一旦は上昇しますが、この直後の昭和2...
平成19年第2回定例会2007.06.12(質問2)08/12 09:47
【質問2】(スポーツ施設の利用について) 次に市内のスポーツ施設等の利用状況と利用団体の再編についてお尋ねします。三豊市が誕生して1年半になりますが、スポーツ団体の活動状況は旧町単位でのプログラムで施設を利用しているのが実情でないかと...
平成19年第2回定例会2007.06.12(質問1)08/12 09:31
【質問1】(ごみの分別収集について)  通告に従いまして、質問を行います。  最初にごみの分別収集についてお尋ねします。今回、三観広域において、三豊市は従来のごみ処理を1市9町時代に決めた全溶融炉方式から、施設稼動までに要する概算費用...
平成18年第4回定例会2006.12.08(質問3)08/09 17:37
【質問3】(宗吉瓦窯跡の整備と管理運営について)  3番目に、宗吉瓦窯跡の整備についてでございますが、昭和の初期に窯跡の存在が判明しまして、地元では弘法大師の産物と言い伝えられていましたが、平成2年のほ場整備と併せた集落道の整備計画に...
平成18年第4回定例会2006.12.08(質問2)08/09 11:43
【質問2】(職員の研修について)  次に、職員の研修についてでございます。行政改革や防災に強い、新しい三豊市のまちづくり等が行われようとしていますが、職員は、識見を広めるための職員研修が必要と考えます。職員の研修は、現在どのように進め...
平成18年第4回定例会2006.12.0808/09 11:11
【質問1】(食と健康づくりについて) 通告に従いまして、私から3件ほど質問を行います。  初めに、食と健康のまちづくりについてでございますが、3月議会では、豊かな暮らしはまず健康で過ごすこと、そして健康づくりには食が重要と提案しました...
平成18年度第3回定例会2006.09.1408/07 19:28
【質問】(男女共同参画社会づくりについて) 通告に従いまして、男女共同参画社会づくりについて質問を行います。  本題からしますと、女性議員から質問をしていただくのがよろしいかと思いますけれども、後ほど申し上げます私なりの取り組みについ...
平成18年度第2回定例会2006.06.13(質問2)08/07 18:45
【質問2】(三豊広域クリーンセンターの埋め立て問題について) 次に、また、三豊広域クリーンセンターの埋め立て処分地について先ほど山本議員から質問があったわけでございますけども、質問の内容によると、埋め立て処分地の容量が残り少ないと、後...
平成18年度第2回定例会2006.06.13(質問Ⅰ)08/06 19:38
  【質問1】(三野町保健センターの有効利用について)  三野町保健センターの利用状況並びに、三豊広域クリーンセンターの埋め立て処分施設について、お尋ねします。先般市議会として4月18日、19日と21日に市内の公共施設の見学を行い、ま...
平成18年第1回定例会一般質問2006.03.22(質問3)08/06 05:59
【質問3】(自主防災組織への助成について)  次に、3つ目の豊かな心を育てるまちづくりについてですが、施政方針でも市民にできることは市民に、民間団体や企業にできることは民間で行うシステムの構築を検討するとあります。行財政改革において、...
平成18年第1回定例会一般質問2006.03.22(質問2)08/05 17:01
【質問2】(合併後の施設の有効利用について)  2つ目の豊かさについて、豊かな個性を活かしたまちづくりでございますけれども、先ほど為広議員の御指摘にもありますように、今回の合併により年に数回しか使われない施設もあるようでございますけれ...
平成18年第1回定例会一般質問2006.03.2208/05 14:32
【質問1】(医療費等健康問題に関する質問)  平成18年度の予算編成基調で、新生三豊市は西讃の核として3つの豊かさに育まれる田園都市を将来像に、市民と一体となって目指し、新しい未来を開いていかなければならないとしております。  この3...

議会報告

議会報告 >> 記事詳細

2012/09/03

平成20年第4回定例会2008.12.08

Tweet ThisSend to Facebook | by:こうせい

【質問】 (高瀬川水系の排水対策について)

 通告に従い、高瀬川水系の排水対策と瀬戸内国際芸術祭の開催についての二点についてお尋ねします。
 まず、高瀬川水系の排水対策についてでございますが、宗吉瓦窯からかわらを運び出したり、西行法師が船を着けた三野津湾の閉め切りは、1671年、寛文11年に詫間町松崎の須花に堤防を築いたと記録があります。その後、現在の瀬入川は、高瀬川の支流となり、運河として使われ、吉津、汐木港は、三豊北部10カ村の飼料、肥料、石炭、綿、綿粉など陸揚げや、地域の農産物の運搬の拠点となり、明治、大正の時代は、これらの船が出入りし、栄えた港でした。
 本流の高瀬川は、大正7年の洪水で決壊し、大きな被害を受けましたが、その後の大洪水の被害の記録はありません。昭和3712月着工した三野、詫間地盤変動対策事業は、昭和41年3月に完成し、本流高瀬川には詫間水門ゲート11門、自動ゲート2門、支流瀬入川の的場水門ゲート2門、及び、汐木ポンプ場、松崎ポンプ場、的場ポンプ場が設置され、受益面積285ヘクタールの淡水被害と塩害の防止が図られました。
 しかし、その後、たび重なる洪水に悩まされ、農産物の被害が年々大きくなることから、昭和56年から県営の淡水防除事業により、左岸に瀬入川水系の排水ポンプ場、昭和57年には支流浜堂川水系の右岸ポンプ場を設置し排水対策を行ってきたが、流域内のほ場整備や宅地開発等が進み、その機能は十分と言えないのが実情であります。昭和62年には、右岸の浅津地区におけるほ場整備が始まり、浜堂川の河川拡幅を実施、同時に高瀬川左岸の現在土砂のストックヤードとして使われている堤防の移動事業を行いました。唐崎地区は、農業用の堰止めの施設にかわる転倒ゲートが設置され、排水が以前より比較的スムーズになり、右岸ポンプ場は以後使用されていないのが現状です。
 近年、異常気象によるゲリラ的な降雨量と、東南海地震による津波の被害の想定地域が示されたこともあり、地域では自主防災組織が組織されたり、今回、三豊市では、高瀬川水系の洪水ハザードマップが作成されることになっております。これらは関係地域住民の共通した認識と事前の対策を考え、速やかに行動がとれるよう、意識の高揚を図ることが目的で実施されるもので、不幸にも起こった災害を、最小限にするためにも重要であると考えております。
 しかし、このことに関しては、発生したことに対して、被害を最小限にすることが目的に過ぎないわけで、発生することが最小限になる対策が必要であると考えています。今日まで、さまざまな事業で排水対策を行ってきておりますが、その内容は万全であったとは言えません。前回、同僚議員の質問の河川浚渫もその一つで、重要であると思っていますが、私はこの際、今までのさまざまな対策以外に、総合的に考える必要があるのではないかと思っています。
 まず一つは、浜堂川及び瀬入川がそれぞれ高瀬川と合流しておりますが、もともと海水が入りこんできた高瀬川ですから、河口部は海の一部であり、そこを水門で閉め切ったもので、排水のための対策はポンプ施設だけで不足していると思っています。浜堂川の合流点には一部ありますが、瀬入川にはありません。それは、さきに申し上げたように、もともと運河ですから、排水のための導流堤がありません。その導流堤の設置で、排水がスムーズになると考えています。
 二つ目は、支流の浜堂川、瀬入川にはそれぞれ支流の支流、二次支流と言いますけども、その上流にはため池を控えており、このため池は、それぞれ洪水調整機能を持っています。現在、民間で有料サービスですが、1キロメッシュで天気予報が行われており、何時から何時まで、およそ何ミリの雨が降るといった情報を得ることができます。潮の干満は6時間おきに変化しており、1日2回は排水ができるわけですから、計画的に排水すれば、洪水対策は可能ではないでしょうか。
 三つ目は、現在ある排水施設の機能を十分発揮させることです。詳しくは申し上げませんが、これらで可能な、かなりの対策があると思っています。先の答弁で協議会を設置し、根本的に改修の検討を行うようですが、三豊市として、その体制づくりはどのように考えているのかお伺いします。
【答弁佐子建設経済部長】

 藤田公正議員さんの、高瀬川水系の排水対策について、私の方からお答えをさせていただきたいと思います。
 高瀬川につきましては、県が平成15年の12月に高瀬川水系の河川整備計画が発表されております。
 内容につきましては、洪水、高潮等による災害の発生を防止するためには、軽減に関する事項。そして二点目として、河川の適正な利用及び流水の正常な機能の維持並びに河川環境の整備。三点目は河川の整備の実施に関する事項等、河川環境の整備と保全に関する事項から構成をされております。
 これらを受けまして、合併前の関係町おきまして、高瀬川、浜堂川、瀬入川などに整備されております水門、排水機場等の維持管理等も含めまして協議をされ、管理者である香川県へ要望した経緯もございます。引き続き、合併後も詫間、三野支所を中心として、農林水産課、建設課、県西讃土木事務所、そして、西讃土地改良事務所等の関係機関での打ち合わせ会を、現在までに5回ほど開催をいたしております。協議した中で、事業計画に基づきます緊急度の高い場所から護岸整備事業、そして、浚渫事業、ポンプ等の修繕など、西讃土木事務所、西讃土地改良事務所、三豊市の三者でそれぞれの管理施設について取り組んでまいりました。
 なお、継続的に実施しております河川改修工事、浚渫、排水機場の維持管理及び修繕につきましては、今後とも計画的に実施していくために、関係機関に対して強く要望してまいります。しかし、平成16年の1020日の台風23号時の集中豪雨によります冠水等、大きな被害が最近では発生をした経緯もございます。
 藤田議員の御質問のありましたように、こうした状況の中で、根本的な改善が必要であるということは十分認識をいたしております。しかしながら、根本的な整備は多額の費用が必要であると思われます。根本的な改良等整備を、関係機関へ強く要望するためにも、協議会の体制づくりが必要であり、議会等の御意見もいただきながら、県土木事務所、土地改良事務所、そして本市及び関係する土地改良区、自治会代表等々の関係者で協議して、新しい構成メンバーによる協議会を立ち上げる予定であります。
 そして、その協議会で今までの経緯等も含めまして十分検討していただき、市民の方々が安全で安心して過ごせる環境づくりのために、要望事項などを取りまとめ、香川県など関係機関へ強く要望してまいりたいと考えております。
 以上、高瀬川水系の排水対策等につきましてのお答えとさせていただきます。

【再質問1

 排水対策につきましては、抜本的な改革が必要であると認識していただいているようですし、これまで検討した中で、土地改良区、自治会代表を含めた新しい構成メンバーで協議会を立ち上げるようですので、ぜひ、先に申し上げた三点について、シミュレーションを行っていただいたらと思っております。設計委託はお金がどれだけかかるかいう、そういったものは、シミュレーションができないとどれだけの事業費が要るのかというのはわからないと思いますので、ぜひ、検討をよろしくお願いします。

 

【質問2(瀬戸内芸術祭について)

 次に、2010年7月に高松港周辺、及び、直島、小豆島など七つの島々で開催される瀬戸内国際芸術祭についてお伺いします。
 この芸術祭は、2010年を第1回として、3年ごとの開催を目指し、島々でアートプロジェクトが、10月まで100日間行われると先日発表されました。この芸術祭を盛り上げるために、さまざまなイベントを行う予定ですが、連携事業として、芸能祭以外の島々で、連携イベントやワークショップの実施を計画しており、三豊市として参加の意思はないのかお尋ねします。
 以上二点、よろしくお願いします。

【質問2答弁横山市長】

 藤田公正議員の御質問にお答えを申し上げます。
 まず私から、瀬戸内国際芸術祭についてお答え申し上げます。
 瀬戸内国際芸術祭は、平成22年7月から10月まで直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、岡山市犬島、高松港周辺の8カ所において、さまざまなアートプロジェクトを展開し、瀬戸内海の魅力を世界に発信するプロジェクトであり、瀬戸内海への観光客を呼び込む一大プロジェクトであると認識をいたしております。
 この芸術祭は、香川県や直島福武美術館財団、高松市、土庄町、小豆島町、直島町などで構成する瀬戸内国際芸術祭実行委員会が主催をし、平成22年度に第1回を開催した後も、3年ごとに内容も見直ししながら継続実施し、将来的には、瀬戸内海全域を対象とした事業までに拡大していく計画のようでございます。
 先般実施されました実行委員会総会で、直島福武美術館財団が、直島や豊島に新しい美術館を設置すること、女木島では休校中の校舎を利用した作品展示をすること、男木島では集落の路地で作品展示をすること、直島では女文楽、小豆島では農村歌舞伎など、島々の歴史や文化を生かしたプログラムを実施することが決定されました。
 また、高松港周辺に、総合案内所や海鮮市場を設置し、にぎわいの創出をするということも伺っております。
 平成22年度に実施します第1回の芸術祭では、構成団体を見ていただければおわかりのとおり、直島、小豆島、高松港周辺をメーン会場にしており、本市が抱える島々は芸術祭会場とはなっておりません。しかし、藤田議員御案内のとおり、中讃、西讃でも実行委員会が主催するアートイベントやワークショップなども検討されていると聞いております。
 来場者の集客計画は、第1回の芸術祭では直島、小豆島、高松港周辺を予定しているため、本市の島々への大きな来場者数の増加を見込むことは困難ではあると予想します。しかし、次回の芸術祭への足がかりとして、また第1回目の来場者に対して、本市及び本市の島々をアピールするためにも、地元の皆様と協議しながら、ワークショップ等の開催を検討していきたいと考えております。
 高瀬川水系排水問題につきましては、部長より答弁をさせます。

 【再質問2

 瀬戸内国際芸術祭についてですが、2010年には平城遷都1300年祭があり、宗吉瓦窯跡と都との関係をPRしていくわけですが、藤原宮建設後、職人たちは今の綾川町陶に移り住んだとも言われており、そういった焼き物といいますか、三豊市においても至るところで、焼き物の文化をはぐくんでおるわけでございます。
 これからも、国内のほかの有名な焼き物以上に育てるためにも、この際、焼き物の文化に新しい芸術を取り入れるのもよいのではないかと思っております。幸い、粟島には達磨窯の歴史があるようですし、ぜひ、取り組みをお願いしたいのですが、どのようにお考えか、お答えいただきたいと思います。

【再質問2横山市長答弁】

 まず、宗吉瓦窯跡の問題も、今、その運営の中心となりつつあります宗吉瓦窯会というボランティア団体が、かなり積極的に学習交流会も進めていただいておりまして、その中では、講師の指導以外に会員相互で、かわらを焼く、地元のいわゆるプロの方が教えたり、それぞれが持つ、いわゆる技術とノウハウをその場で交換できておるということで、今まで予想しておったよりも、かなり充実しているというような報告も受けております。ですから、このような形で市民のそれぞれの技術を持つ皆さん方が、宗吉を中心に集まっていただいておるということは、非常に我々の一つの手本になってきておるかなということで、注目をさせていただいております。
 藤田議員御指摘のように、我々の三豊市にも焼き物文化がさまざまな点、かわらをはじめ、さまざまなものについて、今、伝承されております。この辺のところをクローズアップしたらどうだという御提案でございまして、窯跡も粟島にもありますし、いろんなところに古くからのものがありますので、このあたりのものは、今後、私どものワークショップ等の中で、さらに検討させていただければというふうに思います。着眼点として、そのあたりに着眼点があるということは、執行部も頭に入れてやってまいりたいと思います。
 よろしくお願いします。

【再質問2の追加】

 もうその辺をお答えいただければ、ありがとうございました。よろしくお願いします。


05:52 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)